お気に入り

シェア

福知山市役所 秘書広報課 広報係

2019年5月14日 18:00

【私たち。森の中で生活しているよ。遊びにおいで】 こんにちは。...

followする

【私たち。森の中で生活しているよ。遊びにおいで】

こんにちは。ふくちやまドッ恋セリポーターの、のっちです。
今年のゴールデンウィーク。みなさんはどのようにお過ごしになられましたか?

...

福知山市大江町仏性寺にあるログハウス手づくり工房 森の生活舎で、
「風の森の手作り展」が5月4日・5日・6日と三日間開催されました。
森の生活舎の手作り展は年に3回開かれています。
次回は夏か秋・・・・是非機会がありましたら大江町仏性寺にお越しください。

知る人ぞ知るこの手作り展は24年前からスタート。
年2回の開催が9年前から年3回の開催となり人気ぶりが伺えます。
バックやピアス・陶器に洋服・パンにジャム・お花などなど・・・
ログハウスの中は手作り作品でいっぱいです。

会場は小さな小さなログハウス。
レザークラフト講師の土田みすずさん(69才)所有のログハウスで前日お仲間6人によって準備が進められていました。
手作り作品が所狭しと展示されており可愛らしいデザインの
手作り作品ばかりの空間はかなりメルヘンチック。
日常を忘れることができました。

料金もかなりリーズナブル☆

今回行われた「風の森の手作り展」。
沢山の作品を生み出す作家の皆さんの中から3人の方のエピソードをご紹介します。

まずお一人目は長年のお付き合いで信頼関係が培われた作家さん。
手作り展にあわせて作品を郵送しての参加。

二人目は可愛らしいタコの作品を制作された85歳になる宮津在住のおばあちゃま。
一か月に20体のタコの作品を作ってはお友達にプレゼントされているそうです。

三人目は100点ほどの陶器を展示販売された兵庫県丹波篠山市から参加の
陶芸家荒山浩文さん。荒山さんはブライダル商品の引き出物などを手がけるプロの作家さん。今年は仕事場を拡張して人も増やし作品数も増やすと夢を語って下さいました。

森の生活舎のコンセプトは・・・
「私たち。森の中で生活しているよ。遊びにおいで~」だそうです。
繰り返しお伝えしますが!!お値段はかなりリーズナブル。主婦が買い物を楽しむことができなきゃ意味がないの!!と、代表の土田さんはおっしゃいます。

次回は夏か・・・秋☆お気軽に!(^^)!

お問い合わせは
森の生活舎 09038627784まで

#ふくちやまドッ恋セリポーター のっち

※本ニュースはRSSにより自動配信されています。
本文が上手く表示されなかったり途中で切れてしまう場合は「followする」を参照してください。

店舗情報

名称 福知山市役所 秘書広報課 広報係
(フクチヤマシヤクショ ヒショコウホウカ コウホウガカリ)
電話 0773-24-7000
住所 〒620-8501 京都府福知山市字内記13番地の1 アクセス
開庁時間 月~金曜日(祝日除く)
午前8時30分~午後5時15分

水曜日(祝日除く)
一部窓口を午前8時30分~午後7時まで開設
公式URL http://www.city.fukuchiyama.kyoto.jp/